旗ざお状で建てられない共同住宅

 斜面地以外にも、一見すると土地活用を図りにくそうな土地はほかにもあります。その一つが、旗ざお状の土地です。旗の部分が敷地に、さおの部分は道路との間を結ぶ通路に当たります。道路から少し奥まった場所にある土地です。道路付けの良し悪しでどの程度の大きさの建物を建てられるかが決まりますから、この旗ざお状の土地にはそう大きな建物は期待できません。しかも、このような敷地では防災上の観点から、共同住宅などの建設を禁じている自治体もあります。東京都を例に取りましょう。

法律

 都は建築基準条例である建築安全条例の中で、「路地状敷地」と呼ぶ旗ざお状の土地に「特殊建築物」を建てることを禁じています。この「特殊建築物」には、学校、ホテル、劇場、病院などと並んで、共同住宅も位置付けられています。戸建て形式の賃貸住宅もありますが、敷地規模がそれなりにある場合には共同住宅形式になろうかと思います。それを、敷地部分の広さは十分にあったとしても、「路地状敷地」に当たる旗ざお状の土地では建てることができません。この規定を見ると、なるほど旗ざお状の土地は活用を図りにくそうです。道路付けが悪いのは動かしがたい事実ですし、そうした土地での建築に制限が加わるのは、防災や衛生という観点を重んじる建築法規の性格上、やむを得ないようにも思います。
 ただ、そうした道路付けの悪い土地であろうが、敷地面積がそこそこあるなら、うまい活用を図りたいところです。さすがに戸建て形式の賃貸住宅にするには、市場性や事業性の面で難があるかもしれません。借り手が見つかるかどうか、十分な家賃収入を得ることができるかどうか、それらの面にリスクを感じる場合もあるでしょう。賃貸住宅を経営しようにも、共同住宅は建設が禁じられ、戸建て形式は事業リスクが見込まれる。複数の世帯にも一つの世帯にも貸し出すことができなさそうです。では、どうすればいいのでしょうか。

年明けには東京都内で引っ越しをプランしている方は今の内に不動産物件を探すと自分の希望条件に合ったお部屋を見つけられる確率も高くなります。文京区内で新生活をスタートしようと考えているなら,こちらの不動産会社のサイトもおすすめですよ。私もこちらを利用したのですが,一目ぼれした現在暮らしている不動産物件をコチラのサイトから見つけることが出来ました。こだわり条件があるので,自分の希望条件がこだわり条件にマッチすれば,その中から貴方の好きな間取りの文京区内の不動産物件を探すこともできますし,気になるマンションがあればダイレクトでマンション名検索が出来てしまいます。私は,駅近の物件を見つけたのですがとても楽しい快適生活を文京区で送っています。

リラックスした生活を送りたいなら,住宅のデザインにもこだわっていきましょう!こだわったデザインのお家であれば,きっと満足行く生活を送れますよ。
また都心部にいけばいくほど,緑などがなくなってしまっていませんか?そんな都内でも,自然素材を利用した,住宅のデザインを行ってくれる工務店に任せれば,都内でも自然の中で暮らしているような,落ち着いた暮らしを実現できます。
色々なデザインの物件があるので、工務店をみつけてステキな物件で暮らしましょう!

千葉県で土地を探し中の方,津田沼で土地を購入しませんか。都心から近く,自然環境が多く残っていますので,マイホームを建てるのにも最適なエリアです。都心へのアクセスにも困ることがないので,通勤や通学に苦労する心配もありません。
駅の周辺を中心に,公園や学校,飲食店など,複数の施設が充実しているため,日々を過ごす過程で,不自由な思いをすることがありません。自然が残っている為か,町の雰囲気も落ち着ていますので,静かな暮らしを望む方にもお勧めです。津田沼で土地を購入して,理想のマイホームを建ててみませんか?
津田沼エリアの土地情報をこの機会に確認してみてください。

コメントは受け付けていません。