周辺環境に貢献するデザイン

 建築設計の依頼を受けるのは、人の紹介ばかりとも限りません。中には、コンペと呼ばれる設計競争の場合もあります。土地の有効活用を考える地主の求めに応じて複数の不動産・建設会社が具体的なプランを提案し、その内容の良し悪しによって選んでもらうものです。中野区野方という場所では環状7号線沿いの土地を活用しようという地主のKさんが、そうしたコンペを経て当社を選んでくださいました。競合相手として大手住宅メーカーも顔を出していたような激戦を勝ち抜いたのです。

設計

土地は、西武新宿線野方駅から徒歩3分という好立地です。野方から高田馬場までは十数分ですから、都心方面に出るのも便利な場所です。
 立地条件に恵まれたその場所に、146室の学生専用の賃貸マンションを建設することを提案しました。提案のポイントは、2階にエントランスを持ってきた点です。2階以上に居室を配置し、1階には店舗や駐輪場、そして通路を設けました。この通路は、野方駅方面から環状7号線方面に抜ける抜け道として機能するものです。通常であれば、1階にエントランスを設けるのが常識です。しかし、敷地西側から突き当たる道路と敷地東側を南北に走る環状7号線を、ちょうど分かつように広がる土地だったことから、敷地内を通り抜けができれば、敷地西側と環状7号線との行き来がラクになって、どんなにか便利だろうと考えたのです。そこで常識に反して、1階にはエントランスを設けることなく、幅員6m程度の環状7号線と裏側の道をつなげる通路を確保することしました。

費用

 1階のワンフロアには居室を設けないということは、延べ床面積に占める貸床面積の割合を示すレンタブル比を下げるということです。このレンタブル比は賃貸事業でよく問われる指標です。床面積に占める賃貸面積の割合を指します。この比率が高いほど、収益性は高くなります。1階をこうした用途に充てることは、事業面では必ずしも好ましくありません。しかし、コンペの競合相手に比べ建設費用を2割近く安く抑えることができる見込みでした。借入金は首都圏不燃建築公社の低利ローンを前提にしていました。
 建設費用と借入金利を低く抑えることができれば、事業計画を有利に描くことができます。レンタブル比が低く事業収入はある程度抑えられていたとしても、建設費用と借入金利の低さから事業支出も抑えられれば、事業収支のバランスは取れます。Kさんの評価を得るには、これは最低限必要なことです。
 そのうえで提案が評価され、それが実施案に選ばれたのは、計画のコンセプトや建物のデザインが支持されたからです。Kさんは野方で代々続いてきた地主として、地域の方々や周辺環境への貢献という点を非常に重視されていました。1階を通り抜け可能にした計画のコンセプトは、そうしたKさんだからこそ、ご評価いただきました。もちろん、セキュリティーには気を配っていますから、居室を配置した2階以上のフロアまで誰もが自由に出入りできるわけではありません。周辺環境に貢献するデザインという点では、曲面を生かした優しいフォルムと敷地西側の桜並木が、それを象徴しています。Kさんは企画段階から、10年、15年と時がたっても、最新のマンションに負けない品質と競争力を備えた建物にしてほしい、と望んでいました。それを実現できたことも支持を得られた理由だと考えています。


立花エリアは,大阪府尼崎市にあるエリアの一つです。
尼崎市は大阪のベッドタウンとしても機能しています。交通アクセスも良好なことから,移住先としても大変人気があります。そんな尼崎市にある立花エリア。
ここは尼崎市の中でも生活至便に優れています。住宅地も多いのですが,立花駅周辺には商業施設も多く,日常のお買い物だけでなく,休日のお出かけにも最適な場所です。住宅地が多いことから,立花エリアには,不動産が多いのも特徴的です。快適な新生活をスタートしたいとお考えの方は,立花エリアで不動産探しを行ってみても良いのかもしれません。
不動産の種類も,多種多様ですのでご自身のライフスタイルに沿った物件が見つけることができるでしょう。

塚口駅から十数分のところで暮らしているんですが,塚口駅周辺には24時間営業のコンビニ,カフェもあるし公園もいくつかあるし,飲食店も多いので毎日助かっています。また交番や消防もあるので安心出来ますよね。小学校,高校,などもあるのでお子様連れの方でも毎日便利な生活が期待出来る事でしょう。また塚口からは梅田方面へのアクセスも充実しているので休日は梅田まで友人とショッピングを楽しんでいます。これから兵庫県でどこで暮らそうか悩んでいるなら塚口周辺はシングル向けに嬉しいテレビ、家具付き賃貸物件も多かったのでとっても賃貸暮らしするならオススメですよ。私はロフト付き賃貸物件を見つけてオシャレにお部屋をインテリアして楽しんでいます。

兵庫県の南西部に位置している姫路市は,白い城として有名な姫路城を始めとする歴史的なスポットが今も数多くあります。市内には古墳や神社,城跡なども充実しているので,街には静かで落ち着いた雰囲気となっています。
自然も多くあって,子育て中の方にも非常に人気のエリアなんです。市の中心地から少しはなれた網干や山麓では家賃も安いため,家族向けの賃貸等も網干エリアには多いのでファミリー層にもオススメの地域なんです。また,山陽本線新快速を利用することで神戸の三ノ宮駅へも40分ほどで向かうことができるので通勤や通学に不便に感じることがありません。
子育て支援も充実しているので気になっている人は是非チェックしてみて下さい。歴史と自然が溢れる姫路市の網干エリアの賃貸物件について調べてみませんか?

コメントは受け付けていません。