使えそうにない斜面でも放置は危険

 この考え方を斜面地に適用すると、そこをただ擁壁で土を覆うのではなく、賃貸住宅のような収益性の見込める構造物で傾斜地を覆うという発想が生まれます。斜面地を所有している場合、その管理責任には注意を払う必要があります。例えば土砂崩れが起きて斜面地下に被害をもたらしたような場合、管理責任を負う土地所有者がそれを予見できたと認定されれば、損害賠償責任を問われる恐れがあるからです。したがって、斜面地を所有していて、万が一それが崩落したときにその下に被害を受けそうなものがある場合には要注意です。あるいは既に、被害を受けそうな側から何らかの要請を受けているかもしれません。

男性
 
問題はそのような場合です。要請を受け入れて、斜面が崩落しないように擁壁で覆おうとするかもしれません。確かに、万が一のことを考えると、ここで擁壁築造代を支払ってでもあらかじめ安全を確保したほうが、賢明かもしれません。損害賠償請求訴訟の対象にされてしまってはたまりません。しかし、擁壁築造代はそれだけであれば回収しようがありません。擁壁を築造したことで斜面下の安全性が高まったとはいえ、それは誰も評価してくれません。万が一の場合が生じても安全だったというのは、半ば当然のことと見られてしまうからです。そこで、この擁壁を単なる構造物ではなく、人の暮らす共同住宅で構成できないかと考えます。同じ構造物として斜面を覆う造りである以上、それが共同住宅だとしても、擁壁と同じ役割は果たせるはずで
 す。斜面の崩落によってその下に何らかの被害を及ぼすことはまず考えられません。もちろん、構造物としては規模がはるかに大きくなりますから、工事費用はかさみます。
 ただ一方で、賃貸部分を持つわけですから、そこを貸し出すことで一定の収益を得ることができます。支出は大きくなるものの、それをカバーする収入が発生するのです。それらがうまくバランスを取れる、十分検討に値するはずです。

京都市内の山科区。京都市の左京区や東山区,伏見区や,滋賀県大津市などに隣接しています。
東に音羽山,北は比叡山,西は東山に接していて,南は山科川が流れています。
以前は農村でしたが,住宅開発などがあり,大阪のベッドタウンとしても発展してきました。琵琶湖線,湖西線,京津線,地下鉄東西線などもあり,さらに新幹線や高速道路なども通りますので,交通アクセスの便がとても良い場所になります。
そんな山科区での賃貸物件を探しています。
緑も豊かで,交通の便がよければ,仕事とプライベートのメリハリもしっかり付きそうです。
山科区での賃貸物件なら,新築や築浅の物件,セキュリティがしっかりしている物件,家具家電がついている物件など様々にあります。
山科での賃貸物件で楽しい生活を送りたいですね。

立川エリアには,ビルの間を縫う様にモノレールが走っていて,交通の利便性が高いです。有名な作家が作成した先鋭的なアート作品が出迎えてくれるため,近代的な雰囲気のエリアだということができるでしょ。
その一方で,老舗デパートなども立地していて,ハイセンスなカフェも充実しています。住環境としても非常に良好となっているので,賃貸住宅をお探しの方などにもオススメの地域なんです。より快適な暮らしをしたいのでしたら,立川エリアで賃貸住宅を探してみませんか?ネットでは,多種多様な賃貸住宅を紹介しているので,まずは検索してみませんか?
気になる物件がありましたら、ぜひ立川市の賃貸物件をみつけて満足いく生活をスタート始めましょう!

そろそろ落ち着いてきた年齢になってきたから,いいマンションに引越しをしようと考えているときに見つけました。それは国立市にある「クラッシイハウス国立」
この物件情報を見てみると,高級分譲マンションとなっていおり,中央線の国立駅から徒歩10分という好立地に位置しております!築年数も3年程とまだまだ築浅の物件ということが分かりました。さすが分譲マンションといところではないでしょうか?共用スペースや内装もしっかりしていて清潔感もとてもあって暮らしやすい雰囲気の物件でした。
内覧を希望して物件を見に行ってみたのですが,周辺環境も落ち着いおり,これなら快適な新生活を始めることができそう。「クラッシイハウス国立」は国立市の中でも人気の物件なので,早めに契約しないと空室が埋まりそうです!

コメントは受け付けていません。